4museums

*カリスマ様からお誘いをいただきまして
展示会に参加することになりましたー☆

20080621_381703

「4museums」
日時:8/9(土).10(日)
場所:厚木の眼鏡屋さん「OPTICAL VOIR」

日本が誇る眼鏡カリスマデザイナー・影郎さんと
お帽子作家さん、アクセサリー作家さん、私udonnの4人展

詳細は

カリスマブログ
http://kagero-dw.jugem.jp/

VOIRさんブログ
http://pub.ne.jp/VOIR/

でいろいろ書いてくれると思います☆(他力本願



こんな素敵な機会をくれたカリスマ様と
先日初対面だったのに展示のスペースをいただけるVOIRさん
本当にありがとうございます!

とりあえず、来週VOIRさんに初めて行くので
まだ場所とかわからんし展示もほぼ初めてだけど
楽しみたいと思います~

みんな、来てね☆

| | コメント (0)

re-plume

*こないだの羽眼鏡 “plume” にキラキラを入れました

P1020413

この写真ではよくわからないとは思いますが
全面に撒き散らしております★

キラキラ好きにもほどがある!

| | コメント (0)

etude-ageha

*前回の「aqua」に続き、この子も etude=練習 です

今まで「足す」ことばかりに目を向けていたので
今回は「引く」ことを試してみました

Buttefly2

黄色と黒の生地が層になっている生地を
黒をリューターでくり抜き、黄色を出し、

Buttefly

アゲハチョウを作りました

P1020307

| | コメント (0)

sel

*オールハンドメイドで眼鏡を制作する

“SIOS(サイオス)”

という日本の眼鏡職人ユニットがいます

彼らの作り出す作品はまことに面白くて
毎回驚かせてくれて悔しい思いをしているわけです

手作りしてなかったら安心して楽しめるけど
勝手にライバルだと思ってるので
嫉妬しか残りません。。


そんな彼らが編み出した技術で
通称「パッチワーク」というものがあります

詳しくはコチラを
http://blog.goo.ne.jp/inspiral/e/3962c5664076bf8167436f9c0d094a11


これをどーーーーしてもやってみたくて

作ってみました

Sel

いやーーーー疲れたぁぁ

| | コメント (0)

plume

*久方ぶりに、眼鏡作りました

【plume】

P1020218


羽を広げた妖精が
顔の上に跨っているイメージです



ただ今複数を制作中

次の完成は、来月です(やる気次第

| | コメント (3)

aqua制作日記 その9

*さて、aqua制作日記も最終回

ラインストーン埋め込み編です


キラキラ眼鏡が大好物で、いくつか所有してまして
しかし見本は数あれど、やはり自分の作品に埋め込むとなると
位置とか色とか大きさとかすっげー悩むものですね

そして、羽布で磨き上げて
そのまま眼鏡として完成しても良い状態のものに
埋め込み穴を開けることのなんと恐ろしいことよ。。
失敗しないように、お月様にお祈りしました

ラインストーンは、浅草橋などの問屋街に行くと
もの凄い色数が豊富に揃っていて、かなーり悩みます
他のお店にハシゴなんざしようものなら
平気で半日たっちゃいます

43

結局15種類くらいの石を購入しちゃいました
買いすぎだけど、初めてだからしょうがないの(汗

47_1


まずは埋め込む位置を大まかに決めます

42_1

ちなみに私はセロテープなどで固定してたりしたんだけど
「ええい!感覚だーぃ!」で放棄しました。。
 

さて、本番は写真撮ってる場合じゃないので
練習用で再現してみましょーう

46_1

手芸屋さんにいくと売っていると思われる
手動タイプの小さなドリルで穴を開けます

44_1

いくつか埋め込む場合には
同じ高さで埋め込めるように穴の深さを調整します
 (ちなみに私は感覚。。汗


んで接着~♪

48_1

これも手芸屋さんにいくと
もれなく売っていると思われるエポキシ樹脂の接着剤
某眼鏡屋さんによると、A・Bと2液に分かれているのがいいそうな

これを説明書通りに付けて乾燥させたら完成☆


しかーーし!
いくつか埋め込んでみて気づいちゃったの!><
接着剤で付けると石の輝きが損なわれてしまうのです
 (ま、大方私が下手だからなんだと思うのだがね


そこで、うちの師匠に教わった技

接着剤を使わないで、そのまま埋め込み
上からピンセットなどでギュムーーっと押す!こんだけ!
目安としては凹凸がなくなるくらいまで押せば
なんとかなるんじゃないかしら。。


これで取れないそうです
ホントかぁ?と思うのですが
師匠が言うので間違いはない。。ハズ
 (まぁ、取れたらまた付ければいいしね

そして石の輝きも失わず、キラキラのまんま♪
こんなことなら最初から接着剤使わなけりゃ良かったなぁ



(後日談:この話を某眼鏡屋さんにしたら
接着する方法が間違っていたそうで
やりなおしたらうまくできました☆
やっぱり接着しないと、調整した時に石取れちゃうのよねぇ~

| | コメント (0)

aqua制作日記 その8

*さて、aquaテンプル編の続き。。と、泡チップ作りですねー
aqua制作日記ももうすぐ終わりです


またも画像の流用ですが、前出のコレ

24_2

まず生地をこんな風に削り出します
泡の中は、リューターで穴を開け、そこに
糸鋸の刃を刺し込んで削ります
小さい穴はリューターであけて広げます

4_1

張り合わせる場所を考えます
チップ同士を重ねる位置も考えます

3_4

耳に掛ける時に邪魔にならないように。。っと

29

んで、場所が決まったら金ヤスリ→紙ヤスリで
ひたすらゴシゴシして、泡っぽい凹凸を付けます
 (写真に撮っても分からないので省略ぅ~

フロントに貼り付けるチップは単体でしたが
テンプルのチップは重ね合わせなので
重ねた時に隙間ができないように注意します

5_1
28

こんな感じね

で、接着ぅ~♪

33

アセチ接着剤を使うと
もれなくツヤツヤにもなります
 (邪道だけど、これが便利なのだよーワハハ

重ねるとどうしても裏側に段差が出来るので
それも削り、段差をなくしてテンプルに接着します

32

接着剤に漬けること2~3分
漬ける時間が短いと、後で取れちゃうらしいです
逆に長すぎても溶けてなくなっちゃうので注意☆

35

テンプル側にも同じように接着剤をぬりぬり
こっちは溶けてなくなることはないので5分くらいかな

31

んで、接着完了!
隙間ができないように、ぎゅむむっと押し込んで
その後3~4日ほど乾燥させます

1

乾燥したら、接着面をゴシゴシして
繋がりをなだらかにして、完成♪

| | コメント (1)

aqua制作日記 その7

*ここのところ、連日遊び歩いているため
すっかり更新滞っていました(てへ

忘れているわけでも
怠けているわけでもないですー



さて、テンプル編です

はじめに断っておきますが、
テンプルは始終夢中で作っていたため
すっかり過程写真を撮るのを忘れてました(てへ


それくらい面白かったってわけなのです



まずは生地の間にテンプルの芯を入れます

両側の芯を挟む箇所に溝を掘ります
そしてアセチ接着剤を付けて万力でぎゅむむっと挟みます
んで完全に乾くまで、1ヶ月くらい放置~♪
今回は、フロント制作の前にやっておきました

21

以上、この方法を「芯張り」といいます
そして、この作業まで自作なのはマニアックらしいです
芯張りして売ってるメーカーもあるしねぇ

でも、自作すれば好きな生地でテンプルが作れる!
しかも前後別の生地とか、面白工夫ができるのです
 (ま、今回は同じ生地で作ったのだけどね

この方法の最大のネックは
手作業で張り合わせると、どうしても空気が入ってしまうこと
なので、自分用の眼鏡としてなら良いけど
やはり売るとなったらテンプルメーカーさんから
出来あわせを購入するか、角打ちを頼むかした方が良いでしょうね~



さて、前出のデザインを覚えているでしょうか

26_2

コレね


波のイメージにしたくてこういう形にしました
そして、波がうねっている感じを出したくて
捩れているように削ることにしました

それをするのにちょうど良い、斜めラインの入った
面白い生地を使っていたのでそのラインが生かされるように
先に耳のラインに沿って曲げてから削り出しました


多分眼鏡屋さんじゃないと分からないと思うのだけど
厚さ約4mmの棒をデザイン通りに曲げるのは至極困難だったです。。



んで、それからはもうひたすらリューターで削り出し

6

これは途中経過
すごく骨太な感じで、これはこれで面白かった
 (奇妙なジョジョチックだったです


テンプルって薄いじゃない?
約4mmの棒を、捻り加減を残しつつ半分以下に落とすのは
そりゃーもう、かなり困難で。。

しかも芯がどこに入ってるかわからない状態で削っていたので
芯が薄く見えちゃう箇所とかもでてきちゃって。。
ま、それは後で補修したのですが



で、なんとか掛けても重たくない細さにしました
ねじねじ具合もいい感じなのです♪
 (ついでにフロントの鼻盛り画像もご一緒に

40

| | コメント (2)

aqua制作日記 その6

*あー。。っと
テンプルの前にコレがありました


『レンズ入れ』



フロントに、レンズを入れます

っと、その前に全体を羽布でピカピカに磨きます
ほんとはもっと大きな機械があるのだけど
今回はそれを使うと貼付けたチップが壊れそうなので
リューターに豆羽布を付けて磨きました

41

奥にあるビンみたいのは、プラスチック用の
コンパウンドという研磨剤です
コレを付けて磨くとびっくりするくらいピカピカになります
感動して、毎回涙出そうになります(本気で

あんまりやりすぎると生地がダレてきちゃうので
気をつけてやらなければいけないなぁと思いつつ
フロントだけでついつい2時間くらいかけてしまったです

それくらい夢中になっちゃうもんなのです

んで、超音波洗浄液に付けてキレイにしてから
いよいよレンズを入れますー♪

レンズは、機械で自動的に作れてしまうのです
なのでとーっても楽チンなのです
 (ちなみに前回のピアソラはほとんど手削りでした。。

38

まずは機械にレンズの形を読み取らせます

37

右の形が取れましたー
 (左右非対称なので両方読み取りました

39

レンズをセットして、スイッチオン!

少しずつレンズが形になっていくのをみるのは
すごくすごーーく面白くて、つい毎回見入っちゃいます
興奮して見ていると、「そんなに面白いかぁ」と
師匠に突っ込まれたり呆れられたりします

眼鏡屋さんには当たり前の作業なのかもしれないけど
一般ユーザーは見られないのですごく面白いのですよ!

こういうのを、眼鏡好きさんに見せたりしたら
すげー喜ぶと思うんですけど、やりませんかー?

このあと、手動で削りながら微調整をして
出来上がりです~

36


以上の作業は全てお師匠様にやってもらいました
いつかレンズも自分で加工してみたい!

| | コメント (0)

aqua制作日記 その5

*昨日は大好きな眼鏡の人たちと
埼玉のポンメガネさんのお店に襲撃しました

んで、そのまま飲み会
途中、inspiralの春山さんやの大川さんも参加されて
同世代のいろんな立場の眼鏡好きがひとつの席で飲めるって
なんて素敵なのかしらんと幸せ噛みしめました

皆様、ほんとにありがとうございました☆



さて、aqua制作の続きです

フロントに蝶番を埋め込みます
 (埋める作業中は写真撮ってる場合じゃなかったので割愛!

こーれーがー難しくてねえぇ
未だにうまく取り付けることができないのですよね

チップを付ける前にやるべきだったのですが
すーっかりチップ貼ることに夢中になってしまって。。
埋め込む時に重心をかけるので
下側(つまり表側ね)が凸凹してると
不安定で埋め込みづらいのです


まあ、常識ですね。。汗


蝶番は、埋め込む機械というものがちゃんとあるのだけど
もしそれがない場合はコテで埋め込みます
今回は上記の理由により、
手作業のがやりやすいってことになりました

フロントの埋め込む場所に溝を掘って
ピンセットで蝶番を押さえながらコテで金具を熱くします

しばらくすると、フロント生地が熱で溶けて
金具が自然に入っていくという仕組み
触れるくらいに冷えるまで、動かさないように
ピンセットで押さえつけておきます

ここで動かすと中に隙間ができて
蝶番がガタガタします



で、完成

34

蝶番が付くと何がうれしいかと言うと
今までバラバラだったフロントとテンプルが
ネジで止めてひとつになるのです

30

これが一番感動する瞬間!



。。さて、やっとテンプル編にまいりますよー

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

handmade | lunettes | memo