« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

nagoya-2

*名古屋の眼鏡屋さん、もう一件紹介します


そのお店に入った時の高揚感は、
初めてリュネット・ジュラさんを訪れた時に味わったのと
同じくらいの衝撃でした

豊田市にある「nobile(ノービレ)」さん
http://www.machikuru.jp/mc0280/

P1020122

P1020124_1

名古屋市から1時間ほど車を走らせた
あまりにものどかな場所にログハウス調のお店はありました

P1020133
中に入ると、木のぬくもりに溢れた温かな雰囲気と、
MYKITA(だよね?)のタペストリーが
不思議に溶け合っててなんともいい感じ♪

しかし置いてあるフレームが飛んでました!

グロテスクのグロテスクであった時のモデルや
懐かしいものからなんでこんなところに?みたいなものまで
とても田舎(失礼!)な場所では考えられないような
面白いセレクトをしていて、終始テンション上がりっぱなし

このセレクトを、都会では普通だけど
この土地でこなしちゃうなんてカッコよすぎます


で、しかもノービレさんのオーナーさん
なんとtheoのディスプレイに使われちゃってます!
 (世界でたった3人しか選ばれないらしい。。すげえ

No1

むーん、なんて素敵な笑顔なのかしらん

他にも数々の逸話をお話しいただいたのですが
面白すぎるので割愛します★


ちなみに今回MIDOの、theoのお土産はコレ

Theo1

トランプなのです
絵札はもちろん眼鏡をしていてむちゃくちゃ可愛かったのー!!
うわーー欲しいいぃぃい><。

No2

ついでにコレはグロテスクの昔の販促物ですって♪
これも相当貴重ですよねー!ほんとすげえです



私が眼鏡屋さんを好きになり、選ぶ理由って
そこにあるブランド目当てとか、安いとか
 (まぁ、安いのは大歓迎だけど苦笑
それより、如何に店主が眼鏡を愛していて
その想いがお店から伝わってくるか、なのだと思います

10年前に初めて訪れたリュネット・ジュラさんは
店内やスタッフさんから眼鏡の楽しさがいっぱい滲み出ていて、
それまで嫌いだった眼鏡の概念を一蹴してくれました


そういう力強さや、信頼できる雰囲気がノービレさんからも感じ取れて、
凄くいいお店に出会えたなぁと幸せになりました
 (ここなら住んでもいいかなって思ったもの



ノービレさん、近いうちにまた行きます!
それまでグロテスクが売れませんようにっっ

| | コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »