« aqua制作日記 その7 | トップページ | aqua制作日記 その8 »

rouge-1

*普通の眼鏡から一歩前に進んで
「お洒落な眼鏡」を探そうとすると
「赤い眼鏡」にする傾向が一時期世間でありましたねぇ
 (今はカラーバリエーションが増えていい時代になったなぁ

私も一時期赤い眼鏡ばかり購入していました
「赤い眼鏡」を掛ければ簡単に主張できるし
とても掛けやすいお色なんですよね
手軽にお洒落を楽しめる感があります


けれども単に「赤」といっても
メーカーによってだいぶ色の違いがあることを
最近ようやく気づいたのですよ私 (眼鏡歴15年目にしてようやく

良く眺めてみると、単色勝負の黒に比べて
赤色って各社すごくこだわりがあると思うのです


「チューリップ」のような赤
「血」のような赤
「ラー油」のような赤
「炎」のような赤


例えば有名なのがアランミクリの「赤」ですよね

明るくも渋くもエロチックでもあり
光のさし方によっても色を変化させる生地は
何がどうしても絶対欲しい一枚ですよねっっ!><。
 (最近、眼鏡より生地の方が欲しくていかん


それから先日、下北沢の「」さんで見せてもらった
theoのdaiquiriの「赤」は
同じ赤でもニュアンスの違う2枚の生地の張り合わせ
 (theoセルではっきりした赤を見るのは初めてでした!

なんというか、もう、ズルい!としか言えない
絶妙なバランスで、いつまで眺めてても飽きないお色
こういう色感って日本人にはできんよなぁと
悔しくも感嘆の声とため息を発しっぱなしでした



生地は一番多く持っているかもしれない「赤」ですが
まだ自分の「色」が見つけられないのですよー

ほんとに自分の色を見つけようと思ったら
何枚貼り合わせても物足りないんだろうなぁと思います
きっと拘り出したらすげー楽しいんだろうな

|

« aqua制作日記 その7 | トップページ | aqua制作日記 その8 »

コメント

(^^)v
おもしろい!めがね…はまったく素人なんだけど、
付き合い始めて10年程になります。
やむにやまれず掛けてはいるのだけれど…
(;0;)鼻が低くて(><)中々合うのがないのだす。
3個あって、みんな黒!
赤をかけてみたのんだけど、プラスチック(?)はチト
派手だったん…針金(?)の黒みがかった赤が自分
としてはお気に入ったのんだけど勇気がなくて…

巨匠になる一歩前に、低い鼻でもO.Kなのを作って
ほしい…亀(^^;)

投稿: konta♪ | 2007年3月18日 (日) 21時24分

*私も鼻低いですよー!
でもそれは、例えば外国産の眼鏡なら日本人と鼻の高さが違うからで
鼻の高さが合わないのは当然なのですよー
眼鏡屋さんで鼻盛りしてもらえばどんな眼鏡でも掛けられます^^

どんな眼鏡も気合いと根性で似合うようになりますよ^^
どうせ毎日付けるなら、楽しんだもん勝ちですぅ~♪
ぜひ他のお色にも挑戦してみてくださいな

投稿: udonn | 2007年3月19日 (月) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« aqua制作日記 その7 | トップページ | aqua制作日記 その8 »