« aqua制作日記 その6 | トップページ | rouge-1 »

aqua制作日記 その7

*ここのところ、連日遊び歩いているため
すっかり更新滞っていました(てへ

忘れているわけでも
怠けているわけでもないですー



さて、テンプル編です

はじめに断っておきますが、
テンプルは始終夢中で作っていたため
すっかり過程写真を撮るのを忘れてました(てへ


それくらい面白かったってわけなのです



まずは生地の間にテンプルの芯を入れます

両側の芯を挟む箇所に溝を掘ります
そしてアセチ接着剤を付けて万力でぎゅむむっと挟みます
んで完全に乾くまで、1ヶ月くらい放置~♪
今回は、フロント制作の前にやっておきました

21

以上、この方法を「芯張り」といいます
そして、この作業まで自作なのはマニアックらしいです
芯張りして売ってるメーカーもあるしねぇ

でも、自作すれば好きな生地でテンプルが作れる!
しかも前後別の生地とか、面白工夫ができるのです
 (ま、今回は同じ生地で作ったのだけどね

この方法の最大のネックは
手作業で張り合わせると、どうしても空気が入ってしまうこと
なので、自分用の眼鏡としてなら良いけど
やはり売るとなったらテンプルメーカーさんから
出来あわせを購入するか、角打ちを頼むかした方が良いでしょうね~



さて、前出のデザインを覚えているでしょうか

26_2

コレね


波のイメージにしたくてこういう形にしました
そして、波がうねっている感じを出したくて
捩れているように削ることにしました

それをするのにちょうど良い、斜めラインの入った
面白い生地を使っていたのでそのラインが生かされるように
先に耳のラインに沿って曲げてから削り出しました


多分眼鏡屋さんじゃないと分からないと思うのだけど
厚さ約4mmの棒をデザイン通りに曲げるのは至極困難だったです。。



んで、それからはもうひたすらリューターで削り出し

6

これは途中経過
すごく骨太な感じで、これはこれで面白かった
 (奇妙なジョジョチックだったです


テンプルって薄いじゃない?
約4mmの棒を、捻り加減を残しつつ半分以下に落とすのは
そりゃーもう、かなり困難で。。

しかも芯がどこに入ってるかわからない状態で削っていたので
芯が薄く見えちゃう箇所とかもでてきちゃって。。
ま、それは後で補修したのですが



で、なんとか掛けても重たくない細さにしました
ねじねじ具合もいい感じなのです♪
 (ついでにフロントの鼻盛り画像もご一緒に

40

|

« aqua制作日記 その6 | トップページ | rouge-1 »

コメント

これはよく曲げて・・削ったと思います。
-θ-θ-に脱帽~
この根気は・・私にはない・・・
笑^^
今、アイヌ等の北方民族模様に興味を持っています。
その模様を表現したいと思ってます。
テンプルのデザインは出来ました。
フロントをどうするか考えています。笑^^
飽きっぽい私ですから・・
どうなるものやら~

投稿: ホクトメガネ katsundo | 2007年3月17日 (土) 17時47分

*おおお!アイヌ!!面白いアイデア!
道産子ならではですね^^
飽きずにぜひ最後までやってくださいよぉぉー
何か困ったら言ってくださいね♪

投稿: udonn | 2007年3月18日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« aqua制作日記 その6 | トップページ | rouge-1 »